stellatram's blog

サークルstellatramのブログ

ほいみ!ノ゜ω゜)ノ。+゜*。+
こんばんは、ほいみんです!
今年も新譜の情報をお知らせに参りました~!

ad_b_large

タイトルは『Ad-アド-』
ベトナム発のファンタジービジュアルノベル『Millia -The ending-』の挿入歌を収録したミニアルバムです。


『Ad-アド-』に収録されている楽曲は、個別ルートの挿入歌3曲、エンディングテーマ1曲、そしてアルバム化に際し書き下ろした1曲となります。
サイトの方で「切なくも優しい」とお伝えしましたとおり、今回はゆったりしっとり系のミニアルバム。
頒布が秋になったのは偶然なのですが、秋の夜長にぴったりの一枚になったと思います!
もちろん、ファンタジックな世界観に合わせての造語コーラスも取り入れております♪

表題曲であり、個別ルートの挿入歌である『Ad』は、一つの楽曲を3パターンの歌詞と歌唱で提供するという方式で制作されています。
アニメで言う特殊エンディング方式と言えば良いのでしょうか……!!
作曲さんは、それぞれ別のバックボーンを持つ3名のヒロインの全員にマッチする楽曲を。
作詞さんは、一つの楽曲として成立しつつ、3名のヒロインそれぞれのバックボーンにフォーカスした歌詞を。
歌唱さんは、同じ旋律を通して、3名のヒロインの全く違う個性を。
これらを実現できるように、全員全力で表現に取り組みんでくださいました!
私の「こんなのやりたいなー!」という思いつきを形にしてもらって、企画者としてはもう本当感無量です……
また、今回もひゅむにくる&ぱらふとでご協力いただいたカワノマサキさんに、ガッツリ編曲&演奏でご協力いただいております。
ひゅむにくる&ぱらふとを通して見えてきたstellatramカラーを残しつつ、今までとは違う路線、正統派のバラードに仕上げる上で、カワノさんの協力は欠かせないものでした……!
色々なチャレンジの込められた『Ad』三曲、こちらについては作詞を担当されたかいりさんに、詳細をいずれ語って頂こうと思います*゜ω゜)ノ

私ほいみんの方は、『憬の花』と『まほらの残影』二曲の作詞を担当させていただきました。
『憬の花』(あこがれのはな、と読みます)は、『Millia -The ending-』のグランドフィナーレを飾る楽曲です。
『Ad』3曲がヒロインの心情にフォーカスした楽曲ならば、こちらは『Millia -The ending-』の世界を感じていただけるような曲を目指しました。
ヒロインの一人である女神Milliaに深い関わりのある楽曲ですので、当方で女神語を用意し、作詞に取り入れさせていただきました*。。)
爽やかな寂寥感と、女神に守られた世界を感じさせる壮大さを両立しており、旧譜のような雰囲気を期待している方におすすめのトラックだと思います。
アルバム用の書き下ろしとなる『まほらの残影』は、『Millia -The ending-』の前日譚から、独自にイメージを膨らませて制作したものとなります。
楽曲的にも作詞的にも、エンディングテーマである『憬の花』とはあらゆる面で対になる楽曲となっていますので、合わせてお楽しみ頂けると幸いです!
なおこちらの楽曲では歌唱も担当させていただきました! 今回も色々慣れないことに挑戦しています……!!



さてさて、今回のミニアルバムを出すに至った発端は2014年末。
ぱらふとの頒布を終えた頃に、MilliaSoft代表のRyouさんから「ベトナム/英語圏向けに開発しているファンタジービジュアルノベルの挿入歌を担当しませんか」とのオファーを頂きました。
なんでも今ベトナムでは、美少女キャラクターを起用したビジュアルノベルが熱い……!という状況のようなのです*゜ω゜)


詳しくお話を伺い、企画の目指すところや、ゲームの世界観&ストーリーに強く惹かれまして、是非これは挑戦してみたい……!とお引き受けしたのが始まりとなります。
(この記事のおしまいの方で、関連サイトへのリンクと、拙いながらもあらすじの日本語訳を掲載します。是非『Millia -The ending-』のサイトを見に行って、JRPGやノベルゲーに対するスタッフの熱量を感じ取ってくださいませ!)

英語圏向けの、英語の資料を読みながらの制作となりましたので、色々と難しいところもありました*。。)
先方の希望をちゃんと引き出せているか。作品の雰囲気を壊していないか。それでいて、先方が求めてくださったstellatramの色をきちんと出せているか。
心配ごとはたくさんあり、また、それらが上手くいっていないと判断した際には、制作を停止して作り直すというようなこともありました。



ですが、苦難を吹き飛ばすほど、刺激的で得るものの多いプロジェクトでした!
異言語コミュニケーションをベースにした創作活動は、相手に伝えること&自分を表現することの原点に立ち返らせてくれました。
今回はミニアルバムということで、全部で5トラックと例年に比べてボリュームは控えめですが、stellatramらしさの模索と新しいことへの挑戦をぎゅーっと詰めた一枚に仕上げております♪
皆さんのお手にとって頂くのを楽しみに、秋M3参加して参ります*´▽`*


M3当日のお品書きもご用意しましたっ
(各タイトルをクリックすると特設サイトに飛びます。)

【新譜】 
Ad-アド- ¥800

【旧譜】 
PARADIGM SHIFT ~cenjue innna, cenjue ciel~ ¥1000
Hymmnos ChronicleおまけCD ¥100
(ページ内に書かれているイベント名、およびブース番号は過去のものです。) 


旧譜のぱらふとですが、秋M3を終えたらじわじわ新展開を進めて行こうかと思っております*。。)続報はちょっと遅くなるかもしれませんが……



++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Millia Soft (Facebookページ)
Millia -The ending- (Kickstarter特設ページ)

今回stellatramが楽曲を提供した、ベトナム発のビジュアルノベルプロジェクトの関連サイトです!
現在、女神に守られ呪われた世界を舞台にしたラブストーリー『Millia -The ending-』を開発されています。
プロローグまでのストーリーを収録した体験版(英語/ベトナム語)も配布されております♪


Kickstarterにあったイントロダクションとキャラクター紹介を、私なりに翻訳したものを、以下に掲載しますね。


■イントロダクション

MilliaとHedria、二柱の女神は世界を守るという使命を負っていました。
しかしある日、人類が女神Hedriaの怒りを買いました。
女神Hedriaは呪詛によって世界を滅ぼそうとしました。
女神Hedriaの呪詛を止めるために、女神Milliaは自身を犠牲にしなければなりませんでした。彼女は20年ごとにその儀式を行うため、生まれ変わり続けたのです。
そのサイクルは、彼女が自身の守護者であるRizeと出会うまで、200年に渡って繰り返されました。
Rizeという友人を得て、女神Milliaは世界がどんなにも美しいか実感しはじめました。

主人公のRizeは、彼の父が急死したのち、女神Milliaの守護者として世界に選ばれました。
幼い頃、Rizeは女神Milliaと出会い、彼女の友人となりました。
彼女の役割──呪詛と戦う運命を知ったとき、Milliaがあまりにも多くのことを犠牲にしなければならないことを、Rizeはおかしいと感じました。
Rizeは、彼女を救うためにできることなら、何でもすると誓いました。

Rizeに協調したのは、彼の妹であるMeru、そして幼馴染のSerinaです。
彼ら4人はみな親友となり、多くの幸せな思い出を分かち合いました。
しかし、女神の儀式の時が訪れます。
MilliaがHedriaの呪詛に対して使う魔法は、彼女の身体のみならず、彼女の記憶をも奪うのです。

さらにまた、Rizeを除いて、皆がおかしなふるまいを始めるようになります。
終わりの時は近づいています……

彼が選んだ道の先には、その旅の終わりには、なにが待ち受けているのでしょうか?
彼はどんな選択をするのでしょうか?




■キャラクター

【Millia】~女神~
女神Hedriaが世界を呪うために自身の生命を使ったのち、残された女神──それがMilliaです。
悲劇が起こる以前、彼女は世界に対して飽き飽きしており(永い命を持つため)、それでも、彼女は人類の保護者としての使命に大きな責任を抱いていました。
Rizeと出会ってからは、世界がどんなに美しいかを教えられ、Milliaはこの世界を愛しはじめました。
しかし時は過ぎていき、彼女はなにもかもを忘れてしまうことを恐れています。
なぜなら、まもなく彼女の記憶は、もう一度消えてしまうからです。


【Meru】~Rizeの妹~
Meruは、Rizeの血のつながらない妹です。
彼女はGrandoff家の本当の家族であり、Rizeは養子です。
たとえそうであっても、Meruは兄を本当に愛しています。
父が急死したあとMeruは本当に落ち込んでいましたが、Rizeのおかげでこの出来事から立ち直ることができたのです。


【Serina】~Rizeの幼馴染~
Serinaは名高い将軍の娘です。
幼い頃、彼女は父と共に城を訪れる機会があり、そこでRizeと出会いました。
彼女はRizeをからかってばかりいますが、内心ではRizeを本当に気にかけています。
彼女は厳格な家訓の下で望まぬ選択を強いられます。しかし、より良い結果のためにそれに従わねばならず、また、それが皆が幸せになれる唯一の道であると考えています。

ご無沙汰してます! 入稿を終え、あとはイベントを待つだけだと思ったら全然そうではなかったkairiです!
既に鼻や喉の状態が不穏な今日この頃ですが、みなさんもイベント前は十分体調に気をつけられてお過ごしください! 実際サムイ!

さて、 直前も直前ですがM3当日のお品書きです!
(各タイトルをクリックすると特設サイトに飛びます。)

【新譜】 
PARADIGM SHIFT ~cenjue innna, cenjue ciel~ ¥1000

【旧譜】 
Hymmnos Chronicle ~世界を最も愛した少女たちの詩~ ¥1000 
Hymmnos ChronicleおまけCD ¥100
(ページ内に書かれているイベント名、およびブース番号は過去のものです。) 

持ち込む量ですが、新譜についてはとにかくたくさん投入いたしますので、当日イベントにいらっしゃる方は心配ご無用と思われます! (完売する可能性がないとは言い切れませんが…!)
旧譜のHymmnos Chronicleもそれなりの量を持ち込むつもりですが、最後のおまけCDに関しては作業行程などの都合から(手焼きのため…)ごく少数の用意となりますので、もし当日なくなってしまった場合はご理解ご容赦のほどよろしくお願いします…!
なお新譜「PARADIGM SHIFT」と旧譜「Hymmnos Chronicle」につきましては書店委託も行っておりますので、当日来場されない、できないという方につきましてはこちらをご利用いただければと思います!

委託ページはこちら
PARADIGM SHIFT:http://alice-books.com/item/show/1813-2
Hymmnos Chronicle:http://alice-books.com/item/show/1813-1
※URLをクリックするとアリスブックス様の作品詳細ページに飛びます。アリスちゃんかゎぃぃ。

そして当日のお話です!
秋M3、ご来場いただいた方に先着で「来場特典ノベルティ」を差し上げます!
のですが、このノベルティ 、なんと今回かなり気合が入っております! その内容とは…

・ キャラクターイラストカード×4種(アデル、イリヤ、美星、リューン)
・インストールポイントデザイン缶バッジ×4種(同ヒロインインスポ)

この全8種類の中からお好きなものをお一つお選びいただけます!
(数の都合上、新譜一枚につきどれか一つの配布になります!)
イラストカードもインスポ缶バッジも、どれもかなり美しいかわいい出来となっておりますので、当日ご来場の際はぜひ当ブースを覗いてみてください!

そしてそして、各キャラクターに二曲ずつ用意しております表層・深層コスモスフィア曲に関連するお話を少し!
今回、ブックレットの各ページに掲載させていただいているのは詩魔法の歌詞のみとなっています。理由は一つ、単純にスペースに収まり切らないよというアレです!
じゃあCS歌詞は見られないの?と思われるかもしれませんが、こちらについては公開する予定でいます!
ということで、今回も隠し要素的なページ用意させていただくのですが、例によって今回も裏側に鍵が潜んでいるような気がしてます! 何の裏側かは敢えて明言しませんが、おそらくあの裏側です!

今回、楽曲そのものは元より、その楽曲を収録しますCDの盤面や、ケースの背面とその内側を飾るバックカード、果てはオビに至るまで、当アルバムの“こだわり”をいっぱいに詰め込んでおります。
ケースの外を見て、中を見て、楽曲を聴く。イラストを見て、歌詞を見て、楽曲を聴く。特設サイトを見て、詩やキャラクターの背景を知り、楽曲を聴く。
様々な表現媒体による様々なアプローチから、詩謳う少女たちの世界を多面的に吟味、解釈できる――そんな多元的なエンターテインメントを提供できる作品となれるよう、全スタッフが尽力し、こだわりにこだわり抜いて出来たのがこの「PARADIGM SHIFT」という一枚です。
その多元性の拡がりはCDを頒布して終わりではありません。小説の連載はイベント後も続きますが、それだけでもありません
更なる表現の軸、レーヴァテイルという少女たちのココロを探るもう一つの手段を、ある意味では原点に立ち返った方法で描写する試みを考えています。
それが一体、どういったコンテンツのカタチを持って皆さんの前に姿を現すかは……その日のお楽しみということで一つ、今後のstellatramの動向をお楽しみにしていただければと思います!

結びに。イベントに参加される皆様、重ね重ね体調にはご留意ください!
音楽を愛する皆様にとってよきM3ライフとなることを心から願っております!

kairi
 

ほいみ!ノ゜ω゜)ノ。+゜*。+
ご無沙汰しております、ようやっと新譜の情報をお知らせに参りましたほいみんです!

タイトルだけは春M3の際にカタログに載っておりましたので(延期してしまい申し訳ありません……)だいぶ早い段階からご存知だった方もいらっしゃると思います。
このたび改めまして、副題も含めて紹介させていただきます*´▽`*



ps_b_large

PARADIGM SHIFT ~cenjue innna, cenjue ciel~」(クリックで特設サイトに飛べます)


わかる方にはわかりやすいタイトル名ですよね!
いつもお世話になっている某とりさんからは「ぱらふと」なる愛称を頂いたりしています。
新譜はアルトネリコシリーズに登場する魅力的な要素「コスモスフィア」をモチーフにした二次創作ヒュムノスアルバムとなりますっ
特設サイトのほうにどういったアルバムなのか説明を掲載いたしましたので、先ずはそちらを確認くださいませ*。。)

こちらブログでは、より濃い話や思い入れをつらつら綴っていこうと思います。

ただその前に、まず先にお伝えしておかないといけないことがあります。
今回の新譜は設定の独自解釈や、原作に登場しないいわゆるオリキャラ要素が多分に含まれます。
旧譜のHymmnosChronicleは大丈夫だったよ~という方もびっくりするくらいかもしれません。
ですので、申し訳ないのですがこういった要素が苦手な方は回避していただくのが良いと思いますm( )m



……というわけで、新譜にまつわるお話に進みますね!



【HymmnosChronicleの続編なの?】
今回はオリキャラ二名とHymmnosChronicleで扱ったキャラ二名をテーマに楽曲を制作しております。
ですので、後者二名の楽曲に関しては両方聴くことでより楽しめるのは間違いないと思います!
ただ、どちらかを先に聴かなければならないということはありませんし、制作側は一枚のアルバムで流れが完結することを意識しています。



【どうしてオリキャラなの?】
今回の企画は、HymmnosChronicle制作中にaimさんから「リューンのCSイメージ曲」を頂いたことが発端となりました。
あ、これは面白そうだなー! 折角HymmnosChronicleを制作するためにキャラを掘り下げたのだから、限界まで掘り下げて色んなヒロインのCSが見たいなー!と思ったのです。
早速皆さんを誘ってどんな形で具現化するか相談をし、その結果、現在の続投キャラ二名+新規キャラ二名で行こう!と固まりました。
先に決まったのは続投キャラ2名です。彼女たちはそれぞれ第一塔と第三塔のβ純血種でした。
それなら、第二塔に生きる第三世代を加えるのはどうだろう。彼女たちを通して、三つの塔を描いてみたい。
また、新譜はHymmnosChronicleの続編で終わるのでなく、単体でも楽しめるアルバムにしたい。
そんな想いから新たに生まれたのが、アデルとイリヤの二名となります。



【タイトルについて】
アルトネにおけるパラダイムシフトは、コスモスフィア内でヒロインの悩みが解決したり、ヒロインがダイバーのさらなる踏破を承認すると発生する現象です。
また、私たちが通常使う場合には「世界を揺るがすような、歴史的な価値観の変革」を指しています。
今回はその両方を意識してタイトルにさせていただきました。

副題の「cenjue」は「強制力を伴った変更」というのが本来のニュアンスだと思うのですが、ここでは「必ず変えてみせる」
といった強い意思の表れとして使用しました。cenjueしていくのは何なのか──それは楽曲や、今後サイトで更新されるコンテンツでほんのりお伝えしていければいいな~と思います。

早いものでヒュムクロ頒布からおよそ丸一年!
変わらぬご愛顧を頂いていることへのささやかな感謝な気持ちといたしまして、さる楽曲のオルゴール音源を一曲用意させて頂きました!
どの楽曲がどんなアレンジをされているのかは開けてのお楽しみ!ということで、以下の「ログイン」よりオビ裏のパスワードを入力してお進みください!
(ニックネームは適当なもので大丈夫です。空欄だと進めませんので注意!) 続きを読む

ご無沙汰してます! kairiです。
さて、お待ち頂いていた方々には大変お待たせいたしました!
今回Hymmnos Chronicleの重版を行いまして、4/27(日)に開催される春のM3にて再頒布する運びとなりました!
これもひとえに、温かな応援のお言葉をかけて頂いた皆様のおかげであります。ありがとうございます!
これに際しまして、前回同様にお世話になっていますAliceBooksさんの方で委託分の予約も開始しています。当日イベントに参加できないよ!という方は是非こちらをご利用になって頂ければと思います!

委託先ページはこちら
http://alice-books.com/item/show/1813-1

国内外問わず、この丸一年の間に頂いた要望の声は数知れず、それが此度の重版の挙行を決定づける大きな後押しとなったのは紛れもない事実です。
制作に携わった者として、自らの手がけたものを「欲しい!」「聴きたい!」と仰って頂けるというのはやはりモチベーションに繋がりますし、それ自体がとても恵まれた、幸せなことでもあります。
多くの方にHymmnos Chronicleをご愛顧頂けていること、また今日までHymmnos Chronicleの重版を多くの方にお待ち頂いたというそのことを深く噛み締めつつ、当日はまた新たな気持ちでイベントに参加したいと思っています!

ということでお知らせが前後しましたが、春M3当日、stellatramは第二展示場一階「う-38A」にて参加いたします!
今回初めてCDをお手に取られる方、そして既にお手に取られている方につきましても、ご来場の折には是非お気軽に当ブースまで立ち寄って頂ければと思います!

そして余談ではありますが、何やらカタログのサークルカットに見慣れない情報が……?
このことに関しては秋にかけて追々明らかになっていくと思いますので、今後の動向をお待ちください!

というかこれが今年初めての更新でしたね。もう1年の1/3も終わってしま……いやあまり考えないようにしよう
ということで、2014年(度)もstellatramをどうぞよろしくお願い申し上げます!
 

このページのトップヘ